日本皮膚科学会の判定の目安は、@酷い掻痒感、A固有の皮疹とその分布場所、B反復する慢性の経過、3つとも該当するものをアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼んでいる。
我々日本人が「デトックス」の虜になる最も大きな理由は、我々が暮らしている環境の汚さだ。
大気や土壌は化学物質で汚染され、食べものには作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がふんだんに使用されていると噂されている。
そういう状況でほとんどの医師がまず利用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。
外用抗菌薬と一緒に使うと半年前後で快復に導けた症状が多いと考えられている。
ピーリングとは何かというと、役目を終えてしまった不要な角質をピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることによって、まだ若くて化粧ノリの良い表皮(角質層)に入れ替え、ターンオーバーを促す合理的な美容法です。

美容成分としても有名なヒアルロン酸は人の細胞と細胞の間に多く含まれており、優れた水分保持力や衝撃を和らげるクッション材の機能で大切な細胞を護っていますが、歳を取るにつれて体内のヒアルロン酸は少しずつ減っていきます。

肌の乾燥による痒みの誘因の大半は、年齢を重ねることに縁る角質の細胞間脂質と皮脂の衰退や、ハンドソープなどの過度の使用による皮膚のバリヤー機能の落ち込みによって露見します。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を薬の力だけで治そうというのは残念ながら無理があります。